スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆を煮る

急にぜんざいが食べたくなったので、小豆を煮ました。



ストウブを使うと手間なく作れます。
小豆は水につけなくてもいいので、豆と水を鍋に入れ、沸騰したら一度ゆでこぼし、もう一度水を入れて弱火で煮るだけ。
ごく弱火にしておけば、ちょうどよくフツフツしているので、あとは時々アクをとって柔らかくなるのを待つだけです。
水が少なくなって柔らかくなったら砂糖を入れて完成。焼いた餅を入れて食べます。
余ったら小分けにして冷凍すればOK。

実家では、小豆+焼いた餅の組み合わせをぜんざい、小豆+団子の組み合わせをお汁粉と呼んでましたが、地方によって結構呼び名違うらしいですね。
スポンサーサイト

この秋はじめての鍋

急にさむくなったので、豚と野菜のあっさり鍋をしました。
相方が遅かったので、一人用鍋でこぢんまりと。



具を食べ終わった後は、冷蔵庫にあったゆでうどんをつっこんで〆ました。おいしかった。

【ぬか漬け】やっと成功

密かに進行していたぬか漬けプロジェクトですが、ようやく自分でも満足いくキュウリのぬか漬けができました。見た目はなんの変哲もないキュウリなので面白くもなんともありませんが。



とはいえ、ここに至るまでに1度、ぬか床をダメにしかかってます。毎日のかき混ぜをちゃんとやらなかったせいで、上に白いカビのようなものがはえ、ツンとくる変な匂いがしてしまうようになり…。
あわててこのページを参考にしてリカバリ作戦を決行しました。
塩や粉からしを足し、朝晩2回かき混ぜ、捨て漬けをしたら、なんとか5日くらいで元のぬか床にもどりました。
リカバリしてからキュウリを6時間ほど漬けたものが上の写真です。塩加減、漬かり具合ともにばっちりでした。乳酸菌、よくやってくれた。
次はナスも漬けてみようと思います。

【ぬか漬け】やっとそれっぽく…

ぬか床を仕込んでから約1週間、ようやくそれっぽくなってきました。

約20時間ほど漬けたきゅうり。


古漬け風味に…。ちょっと漬け時間が長すぎた。


次の日、12時間くらいつけたら、割とちょうどよくなりました。
まだ、ややとんがった塩味はするものの、ぬか漬け特有の酸っぱさが出てきて、だいぶそれらしくなりました。乳酸菌、がんばったようです。

結論:母はしなくていいと言っていましたが、捨て漬けはしたほうがいいです。

ぬか床続報

7/23に仕込み始めたぬか床ですが、あれから毎日1~2回かき混ぜ続けて、ようやくそこはかとなくぬか床っぽいにおいがし始めました。
写真撮ったんだけど、全然代わり映えがしないのでやめました。

実は、日曜日の朝にうちにあったキュウリをつっこんで様子を見たのですが、できたのはぬかくさいしなびたキュウリでした。ううう。まだちゃんと乳酸菌が増えてないんですね…。

余談ですが「もやしもん」を読んで以来、どうも菌と聞くと、中でワーワーやってる図が思い浮かびます。乳酸菌がんばれ、超がんばれ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。