スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パティスリー・サダハル・アオキ」パスタランチ

天気が悪かったので外に出ないでランチの日。
ガレリア地下の「パティスリー・サダハル・アオキ」に入りました。
「今日のデザートはチョコレートパフェです」。そうですか。もちろん追加しますが何か。
ランチ1,000円+デザートは500円です。

オリーブとツナのトマトソースパスタ。オリーブがびっくりするほど入ってました。トマトの味の濃いソースとよく合っていて、非常に好みの味。


デザートのチョコレートパフェ。結構なボリュームがあります。濃厚なチョコレートアイスとブラウニー、下にはサクサクのパイが詰まっていて、非常に贅沢なパフェでした。追加してよかった(^^)



patisserie Sadaharu AOKI paris
東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウンB1F
03-5413-7112
スポンサーサイト

「ジャスミンタイ」鶏肉のイエローカレー

急にタイ料理が食べたくなったので、Iさんをつきあわせて「ジャスミンタイ」まで遠征しました。ミッドからだとちょっと遠いのよね。

6種類の日替わりランチメニューから選べます。私の心の中のセーン・シットバーングプラヂャント(誰?)が「カレー!カレー!」と騒いだので、鶏のイエローカレーにしました。



「タイカレーは見た目にだまされてはいけない」とはよく言われることですが、これもあまり辛くなさそうに見えるので、実はちょっと警戒してました。でも食べたらかなーりマイルド。食べやすい。
鶏肉はやわらかいし、ごろごろ入ってるジャガイモがほくほくでうまい。
パラパラのジャスミンライスと合わせるといくらでも食べられそうで、おかわりしそうになりましたがやめました(ランチ時はご飯お変わり自由・セルフサービス)。
サービスしてくれるお姉さんたちもにこやかで気が利いているので、気持ちのいいお店です。

久々のジャスミンタイ、満足です。しかし、時間に余裕がないとなかなかこれないのが残念だ…。


ジャスミンタイ
東京都港区六本木5-18-21 六本木Five Plaza Bldg 2F
03-5114-5030

「yao_ESTAbLISH」豚ロースのグリル

ミッドB1のレストランフロア端っこにある店です。店内が微妙に混んでいたので、外でさらし者になりつつランチ。



日替わりのスペシャルプレートランチにしました。豚ロースのグリル(だったよーな)。サフランライスがつきます。
肉は味があっておいしかったけど、もうほんのちょっと塩がきいていてもよかったかも。1,200円(ワーカー割引あります)。


yao_ESTAbLISH[ヤオ_エスタブリッシュ]
東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウンB1F PLAZA
03-5413-3086

赤坂七丁目カフェ

今日は新規開拓。ぴよみんさんと隊長に誘われて、「赤坂七丁目カフェ」を目指します。ここは赤坂にある「オステルリースズキ」というフレンチレストランの姉妹店なんだそうです。
以前、オステルリースズキで食べたランチはとてもすばらしかったので、カフェのほうも期待が高まります。

お店が地下にあるせいか、ちょっと気づきにくく前を素通りして迷ってしまいましたが、なんとか到着。ビルの地下入って、一番奥のつきあたりです。

メニューは日替わりのプレートランチ(1,050円)です。肉か魚が選べます。この日は魚にしました。サーモンと白身魚のパイ包み。これにドリンクが付きます。肉は子羊のトマト煮込みでした。



メイン、パン、ご飯、サツマイモのマッシュ、パスタサラダ。カフェめしかと思ってなめてるとびっくりします。パンにはパテがはさまっているし、ご飯もしっかり盛られてる。サラダもボリュームあるし、メインは言わずもがな(笑)。ちょっとびっくりしました。
メインのパイ包み、パイがさくさくで、魚とよくあっています。サーモンも白身魚もどっちも風味があってうまい。味は確かにオステルリースズキと共通しています。パンに挟まっているパテもさすが、というおいしさ。最初は、デザート(+200円~)も頼んじゃおうかとか言ってましたが、食べ終わった後は満腹でそれどころではなかった。予想外の満足ぶりでした。

こぢんまりした店内は、テーブル席(4人掛けが2席、2人掛けも1席あったかも)とカウンターで、20人くらいが限界でしょうか。白を基調にした内装で、清潔感はありますが、ちょっと安っぽい感じもするかも。まだオープンしたばっかりで、いろいろ試行錯誤してるのかなという印象はうけました。悪くはないです。またぜひいきたい。


赤坂七丁目カフェ
東京都港区赤坂7-5-33 ベルバン赤坂B103

「新葡苑」回鍋肉と海老の青じそ炒め

すっかり常連となった新葡苑のランチ。今日は回鍋肉と海老炒めです。





回鍋肉は豚肉たっぷり。かなり味濃いめでご飯がすすみます。辛みもちょっと強い。個人的にはもうちょっとキャベツがほしかった。
海老はシソのいい香りがする炒めで、さっぱり塩味がうまいです。
今日のデザートはタピオカかなーと思っていたら、下からマンゴープリンが出てきてびっくり。得した気分になりました。


中国料理 新葡苑 Tokyo
東京都港区赤坂 6-19-46 I.C.O.K ビル 2階
03-3560-1513

煮込みハンバーグ弁当

予告通り(?)、前回作って冷凍しておいたハンバーグ種を再利用です。

ただ焼いてもつまらんので、煮込みハンバーグにしてみました。この弁当箱のいいところは、おかず入れが独立しているので、汁気のあるおかずを入れられることですな。



市販のデミグラスソースを薄めて(コンソメを少々足しました)、ケチャップ、醤油を少々、酸っぱすぎるようなら隠し味程度に砂糖で味を調節します。
人参と玉ねぎを少量煮て、付け合わせのブロッコリーのあまった茎も薄く切っていれました。
最後に焼いたハンバーグを入れてちょっと煮込み、バターを少し落として完成。ブロッコリーはゆでる。ここまでを前の晩にやっておきます。
朝は卵をやいて、もろもろをつめるだけ。所要時間20分でした。卵焼きの黒いのは、海苔を巻いているせいです。子供の頃に母がお弁当に入れてくれたものをまねしています。
ゆでて詰めるだけで、「野菜ちゃんと食べてますよー(^^)」的な雰囲気を醸し出してくれるブロッコリー様は偉大だ。

「四国味遍路 88屋」四万十豚のせいろ蒸し定食

六本木通りから美術館方面にちょっと入ったところに、最近できたお店です。四国料理のお店で「はちはち屋」と読むらしい。八十八カ所にかけているのでしょうな。

お昼のメニューは四国の名産と料理を中心にした定食とうどんです。小鉢がいろいろついてる限定の定食や、親子丼、鯛めしなどなど。うどんのみのメニューもありますが、定食のみそ汁を+150円でミニうどんにしてもらえます。

前回は鯛めしを頼んだのですが、今回は四万十豚のせいろ蒸し定食で。うどんをつけてもらいました
(1,180円+150円)。



豚は水菜の下にかくれておる。


野菜と一緒に蒸されているので、お互いにうまみが染みています。豚も柔らかくてうまい。蒸すとよけいな脂がぬけるので、脂っこくなくかつしっとりしているのがいいですね。ほかの小鉢もおいしかったし、特にうどんはさすが本場のおいしさでした。
しかし、定食に毎度ついているしょうゆ豆は、あまり好みではなかったかも。なんか毎回食べるとびっくりする。なんでだ。豆は甘いものって刷り込みがあるせいかな。
関係ないけど、香川に「しょうゆ豆」という名前の警察犬がいるそうで、ちょっとかわいい。しかしなぜその名を付けたのか(笑)。

閑話休題。
定食はボリュームがあって満足度は高いのですが、お値段は若干高めに感じるかな。鯛めし(確か1,280円)とか、原材料を考えたらまあしょうがないかなという面もあるし、980円のメニューもいろいろありますが。

入り口には四国の物産がいろいろ売られていてそちらも気になります。砥部焼は見ちゃらめえ!もう
皿は増やせないのよ!

----------------
四国味遍路 88屋(はちはちや)
港区六本木7-4-5六本木稲垣ビル1F
03-3479-5788

ミート矢澤

あちこちのメディアで紹介されたためか、いつも行列で入れない店、それが西五反田の目黒川沿いにある「ミート矢澤」です。
たまたま、開店時間のちょっと前に通りかかったら、行列がそれほどでもなかったので並んで、開店と同時に入りました(17時~)。ちなみにランチもやっていますが、そちらはもう大変な行列です。

ただ、確かに入ってすぐほぼ満席になってましたが、思ったより回転速そうです。我々がいったときは、30分くらいで最初の組が帰ってました。その後もコンスタントに席が空いていたので、さくっと食べて帰る人も多いみたいです。店内は結構広いので、思ったよりキャパはありそうだし。本当にピークタイムのときはわかりませんが…。

さて、おいしいと評判のハンバーグを注文。セットのサラダ、和牛のスープ、そして当然生ビールです。


つまみに頼んだ牛肉のたたき。やわらかーい。たたきではなく刺身もあります。


メインのハンバーグ。200g+目玉焼きトッピング。ハンバーグは200gと300gのどちらかが選べます。たしか200gで2,000円くらい。


中はミディアムレア~。生で食べられるお肉を使っているので、レアなのです。


ジューシーです。ジューシーです。大事なことなので(略)
さすが、あちこちで絶賛されるだけのことはある。やわらかく、うまみぎっしりのお肉です。味付けもあっさり目で、肉そのもののうまさで食べられるのがすごい。ちなみにソースはオリジナルソースを選びましたが、これもかなりおいしいです。
つなぎが入っていないのか、200gでかなり満足。さすが評判だけのことはあるなあ。参りました。

関係ないけど、店員さんが着てた「黒毛和牛種」ってTシャツがかっこよかった。隊長に買ってあげたい。


ミート矢澤
品川区西五反田2-15-13 ニューハイツ西五反田1F
03-5436-2914 (ニクイーヨ)

「ビストロ喜長」でワインの会

ビストロ番長、もとい喜長(きちょう)で新年会です。
以前、ワールドワインフェアで試飲してとりよせたワインが2本ほど余っていました。外で飲もうかという案もあったのですが、時期を逃して寒くなってしまったので、ビストロ喜長に持ち込ませてもらって新年会をかねて飲み干すことにいたしました。喜長は有料で持込が可能なのです。
いつもランチがおいしいので、夜のメニューを楽しみにしていたのですが、期待以上でした。



以下、いつものように淡々と写真が続きます。

続きを読む »

マーブル・プレミアムソフト

辛いものの後は、甘いものよねー(^^)
ということで(夜に向けて節制はどうした・・・)、ミッドタウン地下に最近できた「MARBLE Premium Soft」でソフトクリームを買いました。



急いでとったらピントがあわなかった…。キャラメルクリーム(380円)です。
ミルクの濃厚な風味がうまいソフトクリーム。キャラメルとは相性がいいと思います。
今度はチョコレートも試してみよう。

ところでここ期間限定出店のはずだったんですが、あとで通りかかったら「期間限定」の文字が消えてました。常設になったんだろうかw
いつもあると思うとつい足が向かなくなったりしますが、最近はミッドタウンも店の入れ替わりがあるので、注意しておかねば…。


MARBLE Premium Soft
東京ミッドタウン ガレリアB1
03-6910-1266

「赤から」酸辣湯麺

夜はワインの会の予定なので、お昼はさくっと「赤から」でラーメンです。


辛さの度合いがなかなか好みでクセになります。

酸辣湯麺のほかに坦々麺や麻婆豆腐などがあります。麻婆豆腐は普通に定食っぽく食べるのと、麺で食べられますが、山椒がきいててグーでした。



赤から 六本木店
東京都 港区六本木4-9-9 東瑙ビルB1F
03-3405-4033

「漢陽」ロースランチ

はじめてジャンボ以外を頼みました@漢陽。
ロースです。これがノーマルの量。



でも、思ったよりボリュームありました。しかもご飯はジャンボと同じくらいある・・・。
お肉はもちろんおいしいし、これで800円は安いなー。


漢陽
東京都港区六本木3-11-8みのちビル3F
03-3405-4888

ガレット・デ・ロワ(その3)

トシ・ヨロイヅカとサダハル・アオキで打ち止めか?と思いきや、隠し球がありました。
目白にある「エーグル・ドゥース」のガレット・デ・ロワが大変においしいという噂をききつけ、ニク隊長がわざわざいって買ってきてくださったのです。

ばばーん。ショコラ味。すっごい照りです。


中もぎっしり。こってりと濃厚なチョコレートが超絶おいしい。


2台を12人で分けましたが、それでも一切れはかなりたっぷりありました。

さて、今回のフェーヴですが。


左側が99さんに、右側はぴよみんさんに当たりました。99さんはサダハル・アオキの時に続いての王様っぷりです。さすがアミダマスター。

ピーマンの肉詰め焼き弁当

調子こいて新しい弁当箱を買ってしまいました。
今度は、ご飯が保温できるやつです。

お弁当ができてから食べるまで4~5時間といったところでしたが、思ったよりあったかい!びっくりしました。やっぱりご飯はあったかい方がおいしい。さすがに炊きたてと一緒とはいきませんが、普通にジャーで保温されているご飯(より若干冷め気味)くらいの温かさです。



保温容器付きのご飯ケースがひとつと、おかず入れが2個ついています。専用のポーチ付き(こっちも保温機能あり)。おかず入れは小さいと思って見くびってたら、意外と入る。おかずの方は保温はされませんが、ご飯があったかいので十分です。
ピーマンの肉詰めに醤油味のたれを絡めたものと、ゆでキノコのポン酢和え、キャベツ炒めです。

ピーマンの肉詰めは、ピーマンにハンバーグのタネをつめて焼いただけ。たれは、だしにみりん、砂糖、しょうゆで味付け、片栗粉でとろみをつけたものですが、ご飯のおかずにぴったりでした。
たれは余ったので、晩ご飯の時にキノコを煮てキノコ丼にしたら美味かった。

あまったハンバーグが冷凍されていますので、近いうちにハンバーグ弁当として復活の予定。

コンビニで買えるカレル・チャペックの紅茶 第二弾

12月29日くらいから売り出している第二弾は、ストロベリーミルクティーです。ちなみに第一弾はこれ。やっぱり前買ったのと同じナチュラルローソンで購入しました(うちの近所ではそこしか置いてないっぽい…)。



思ったより甘さ控えめ、イチゴのいい香りがしておいしいです。ウサギのイラストがキュート。179円。

ガレット・デ・ロワ(番外編)

先週食べたガレット・デ・ロワのおいしさが忘れられず、たまたま寄った神戸屋に売っていたのを発見して、ピースのほうを購入。



しかし……あまりおいしくなかった。パイ生地がぼそぼそしてるし、中のクリームもいまいち。うーん、260円だったからまあいいけど、ちょっと残念でした。ホールで買わなくてよかった。
神戸屋の名誉のために言っておきますと、一緒に買ったパンやサンドイッチは相変わらずのおいしさでした。やっぱり餅は餅屋ってことなのかしら。

「A971」豚ロースの香草パン粉焼き

天気が悪かったのでミッドの中でサクメシです。
久しぶりのA971。

ランチプレートの「豚ロースの香草パン粉焼き」を選びました。



お肉は味があってウマー。野菜もたっぷりだし、相変わらず満足度高いです。ぴよみんさんたちが食べていた鶏もも肉の蜂蜜焼きもおいしそうだった。

このほかにサラダとドリンク(コーヒーとか)がついて、1,000円なのです。正直、足が出てるんじゃないかと思いますが、こういう努力してくれるお店は大事にしたいですね。
また今度夜来ようと思います(夜もおいしいですよ)。

Okawari.jpでガパオ

ミーティングが重なってお昼を食べそびれたので、久しぶりにミッドのOkawari.jpに行ってみました。
ここはいわゆるフードコートってやつです。カフェテリアみたいにいろんなメニューが選べるようになっている。

ぐるっと一周して、タイ風ガパオランチを選んでみました。



……ガパオってとろみついてたっけ?「タイ風」だから、正しいガパオじゃないってことなのか…?
なにか非常に微妙な気持ちになりながら食べました。うん、味も微妙だった。
まずくはないけど、特においしくもなく……やっぱとろみはちょっと変だと思う。880円くらいだったよーな。

「すぱじろう」でランチ

どこでお昼を食べようか、なんとなく決まらない日。新しくできたらしいスパゲッティ専門店の「すぱじろう」に入ってみることにしました。

結構混んでいたのですが、少し待っていれば空くということだったので待つことに。メニューを見せてもらったら、結構いろんな種類がありました。和風かなーと思ってたけどそうでもなかったり。

10分ほどで席が空きました。いわゆるウナギの寝床式ですが、意外とテーブル席もあります。

寒い日だったので、ジャガイモ、ベーコン、エビのスープスパゲティを頼みました。



思っていたよりスープ少ない…。でも麺はコシがあっておいしいです。味も悪くない。
でもスープはもっとたくさんあってほしかった(しつこい)。

デザートとかがついてるセットもあるんですが、+650円とかします。単品の値段もそれほど安くないので(私が頼んだやつで確か980円。1200円以上するのも結構あった)、セットにするとかなり贅沢なお値段になってしまいます。
正直言って、そのくらい出すならオチアイとかいくよねーと身も蓋もないことを思ってしまいました。
量は結構あるので、女性なら単品で十分だと思います。

ガレット・デ・ロワ(その2)

昨日のトシ・ヨロイヅカに引き続き、今日は「patisserie Sadaharu AOKI」のガレット・デ・ロワです。
本場でもこの日にやるのが正式だとかどうとか(1月中はずっとやってもいいみたいですが。アバウトだ)。

今日のはマロン味です。




フェーヴそのものが入っているわけではなく、代わりにアーモンドが入っていて、その人に、別添えのフェーヴ(陶器でできたエクレア)が渡される仕組み。
昨日のもサクサクして美味でしたが、今日のもかなりおいしい。イベントとしても楽しいし、お菓子そのものもおいしいしで、やってよかったなあと思いました。
セッティングしてくれたぴよみん姉さんありがとう。来年もやろうね、と今から言う。鬼が大爆笑。

ガレット・デ・ロワ(その1)

昨年から、年が明けたらぜひガレット・デ・ロワをみんなで食べましょうという話をしていたのです。
私はすっかり失念していたのですが、ぴよみんさんのプロデュースにより、ガレット・デ・ロワを楽しむ会が実現の運びとなりました。いつも本当にありがたいことです。

で、第一弾はトシ・ヨロイヅカのガレット・デ・ロワ。


さー今年最初の幸運を手にする人は誰かな?

続きを読む »

新年のランチ第一弾はNapule(ナプレ)で

いつも長蛇の列で入れない「ナプレ」ですが、仕事始めの今日はなぜかあまり並んでない。
チャンス!?とばかりに並んでみました。15分ほど待って無事入店。久しぶりのナプレピザです。





4人だったので、ピザランチとパスタランチを2つずつ、4種類頼みました。

続きを読む »

お雑煮

あけましておめでとうございます。

新年最初のお餅は雑煮というのが実家の定番です。
年末からじっくり煮出した鶏のだしでおつゆをつくり、自家製の餅を雑煮にします。具は鶏肉少々とつまみ菜、なるとのみ。





この椀は、母方の曾祖父が作らせたものだそうです。70年くらいはたってるのかな。裏には曾祖父の名前の頭文字をとって、○に「ケ」という印が入っています。おおぶりの塗り椀でお気に入りです。

今年もうまいもんたくさん食べるぞー!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。