スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・バンコック(恵比寿)

突発的に忘年会その2。前から行ってみたかった恵比寿の「リトル・バンコック」に連れて行ってもらいました。

10人くらいでいっぱいになってしまいそうな、こぢんまりした食堂。ご主人がひとりで切り盛りされていました(どうやらいつもは奥さんか誰かがいる模様)。カウンター上の黒板にはメニューがいっぱい書かれています。どれもおいしそうで目移り必至。

まずは、手羽先とシンハービールで乾杯。



味は本格的で期待以上です。タイ料理の魅力は、甘・辛・酸などの味が複雑に絡んで飽きないところだと思いますが、本当にどれを食べても印象ががらりと変わって飽きません。

エビのすり身トースト。大好物。


レモングラスのサラダ。さわやかなレモンのドレッシングでいくらでも食べられます。


揚げ春巻き。サクサクの衣はライスペーパーかな。


生春巻き。さっぱりとしてつるっと食べちゃいます。


ガパオ(鶏ひき肉のバジル炒め)。これも大好き。辛いんですが、止まらないおいしさ。


タイ風焼きそばのパッタイ。麺はやわらかい太麺で、ちょっと甘めのソースがよくあいます。


デザートはタロイモのケーキ。固めのプディングみたいでした。素朴な甘さがたいへん好み。


少人数で切り盛りしているので、料理の出は遅め(さらにこの日はご主人ひとりだったので、席は空いてましたが途中でお客さんを何組も断ってました)。でも、待つだけの価値はあります。
4人だといろいろ頼めるし、ゆっくりおしゃべりしながら楽しんで心から満足しました。また、ぜひ行きたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。