スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ビストロ喜長」でワインの会

ビストロ番長、もとい喜長(きちょう)で新年会です。
以前、ワールドワインフェアで試飲してとりよせたワインが2本ほど余っていました。外で飲もうかという案もあったのですが、時期を逃して寒くなってしまったので、ビストロ喜長に持ち込ませてもらって新年会をかねて飲み干すことにいたしました。喜長は有料で持込が可能なのです。
いつもランチがおいしいので、夜のメニューを楽しみにしていたのですが、期待以上でした。



以下、いつものように淡々と写真が続きます。 持ち込みワイン「ピーロートブルー アウスレーゼ」。サーブしてくださったご主人はさすがにご存知でした。熟成が進んで、蜂蜜のようなコクが強くなっていました。今年まで持ち越して正解だったかも。


パン。あつあつ。味があってこれだけでもワインがすすむ(笑)


田舎風パテ。


カマンベールのオーブン焼き。クミンシードとシナモンがかかっています。カレーのようなクミンシードの香りとシナモンの甘い香り、チーズの香りが絡み合って、香りだけでも楽しめる一皿。


自家製スモークサーモン。脂が乗ってます。


温野菜の盛り合わせ。ランチにもつけあわせで出てきますが、野菜の味そのものが楽しめます。
サツマイモが特に好き。


若鶏のもも肉のコンフィ。うまいかって?愚問ですよ愚問w
お肉が柔らかくホロホロとほぐれて、うまみがじゅわっと出てもうウマー。


ムール貝のワイン蒸し。今回のわれわれの失敗は、ムール貝と一緒にパンを頼まなかったことです…。スープがおいしいのよ。


ようやくメイン(驚くべきことに、ここまでが前菜ですw)。スズキのポワレです。新鮮な魚でまたワインがすすむすすむ。


はーい、今回のクライマックス。子羊の背肉の塩竃焼きです(要予約)。
こんな感じで出てきてびっくりしますが、


中身はこんな感じ。イッツジューシー!(ニク隊長は「ジューシー」を2回言っていました。大事なことなので)


このころには持ち込んだワインは空になっていて、ぬかりなく赤を1本注文しました。塩気がきいて、うまみがきっちり引き出された羊、ワインがいくらでも飲めるぜ!

満腹になりつつもチーズ。


デザート(ガトーショコラ、バニラアイスクリーム、木苺のムースの盛り合わせ)、コーヒーまで、本当に心の底から美味しかったです。ごちそうさまでした。


決して大きい店ではないのですが、すごく居心地のいい空間と、素敵な器、朗らかで人柄のいいご主人(ベタなノリがいいw)と、気持ちよくすごせる要素がそろっていて、それなのにお値段はリーズナブル(持ち込み料その他コミで、これだけ食い散らかしてひとり7,000円)。本当に喜長は貴重なお店だと思います。ダジャレです。正直スマンカッタ。でもマジです。

近いうちにぜひまた来ようと思います。


ビストロ喜長

東京都港区六本木7-12-20
03-3796-5501
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。